【超厳選】自己分析ツール(無料)おすすめ7つ |

この記事を読んで知れること
  • 就活で使えるおすすめの自己分析ツールを比較表で紹介
  • 就活で使えるおすすめ自己分析ツール7選
  • 自己分析ツールに関するよくある質問

 

こんにちは!就活の参考書編集部岡本 恵典です。

突然ですが、自己分析を効率よく進められる自己分析診断ツールは使っていますか?

就活の参考書編集部 岡本 恵典

とある就活生さん

自己分析ツールははまだ使ったことがないです。

最近、就活の先輩から「自己分析ツール使うと簡単に、自己分析ができておすすめだよ」と言われました。

ただ、どの自己分析ツールが自分に合っているのかわからないので、手を出せていない状況です。

とある就活生くん

自己分析ツールを使うと、自己分析が簡単にできるとは聞きました。

ただ、お金は払いたくないので、無料で利用できる自己分析ツールを紹介して欲しいです。

確かに、利用するなら無料且つ、精度の高い自己分析ツールを利用したいですよね。

就活の参考書編集部 岡本 恵典

そこで、この記事では、自己分析が無料で簡単にできる厳選した自己分析ツールを比較して紹介していきます。

「自己分析ツールを利用したいけど選び方がわからない!」「とにかく良い自己分析ツールを使いたい!」という方は、ぜひ読んでみてくださいね。

補足メモ
先に結論を伝えておくと、おすすめの自己分析ツールは、以下の3つを「並行して同時に使用する」ことです。
おすすめの自己分析ツール3つ
  • 適性診断AnalyzeU+
  • 適性検査GPS(dodaキャンパス)
  • キミスカ適性検査(キミスカ)

 

1つの自己分析ツールに依存するのではなくて、並行して複数使うことで、より精度の高い自己分析ができます。

そして、「性格診断」「あなたの強み」「求められる能力」など複数の観点から自己分析することができます。

就活の参考書編集部 岡本 恵典

 

 

自己分析ツールを使えば自己分析が簡単にすぐできる!

ここでは、自己分析ツールを利用するメリットについて紹介します。

就活の参考書編集部 岡本 恵典

自己分析ツールの最大のメリットは1人で気軽に「客観的な自己分析」をおこなえることです。

自己分析ツールのおすすめの使い方としては、1人で自己分析をした後に、自己分析ツールを利用し、自分の自己分析に漏れがないかを確認するやり方です。

つまり、手順としては

自己分析ツールのおすすめの使い方

自分の過去の経験から自分っぽさが出たエピソードを思い出す


自己分析して出た自分の特徴を言語化する


最後に自己分析ツールで診断をして振り返る

自己分析を1人でおこなった後に、抜け漏れがないか客観的な自己分析をツールを使って確認します。

他の、就活生と差をつけるためにも、最後に自己分析ツールを利用するのは非常に有効です。

自己分析のやり方については、下記の記事で詳しく解説しているので、合わせて読むことをおすすめします。

就活の参考書編集部 岡本 恵典

一緒に読むことで就活レベルUP
⇒自己分析のやり方記事 準備中 

 

【無料で使える】おすすめの自己分析ツールを比較して紹介

ここから、実際に就活に役立つ無料で使える自己分析ツールについて紹介していきます。

おすすめの自己分析ツールは以下の7つです。

就活の参考書編集部 岡本 恵典

【厳選】おすすめ自己分析ツール7選
  1. 適性診断AnalyzeU+(OfferBox)
  2. 適性検査GPS(dodaキャンパス)
  3. キミスカ適性検査(キミスカ)
  4. キャリアパーク自己分析シート(キャリアパーク)
  5. リクナビ診断(リクルート)
  6. 適性診断MATCH plus (マイナビ)
  7. キャリタスクエスト(ディスコ)
  8. エニアグラム無料診断(ホイミー)

それでは、早速比較表をみていきましょう。

就活の参考書編集部 岡本 恵典

 

【一覧表】就活に役立つおすすめ自己分析ツール7つ

自己分析ツール 特徴 利用すべき人 診断時間
適性診断AnalyzeU+
(OfferBox)
就活生の人気第1位、利用者数は12万5千人 本気で自己分析したい人 251問 /
約15分
適性検査GPS(dodaキャンパス) 3分で完了/診断時間が短くて簡単 自分自身の特徴をしっかり理解したい 23問 /
約3分
キミスカ適性検査
(キミスカ)
5分で完了/気軽に自己分析ができる 気軽に時短で自己分析をしたいい 150問 /
約5分
キャリアパーク自己分析シート
(キャリアパーク)
シートに自分で記入してじっくり自己分析
じっくり深い自己分析をしたい 51問 /
約15分

リクナビ診断
(リクルート)
安心の大手企業リクルートが運営
膨大なデータ数から、正確な自己分析結果を知りたい 110問 /
約5分
適性診断MATCH plus
(マイナビ)
人材大手マイナビが運営 他の就活生と結果を比較したい 162問 /
約30分
キャリタスクエスト
(ディスコ)
最短1分で自己分析ができる ゲーム感覚で気軽に自己分析がしたい 21問 /
約1分

とある就活生さん

一覧表を見たけど、どの自己分析ツールも良さそうで、7つもあると選ぶのが大変だ・・・

特におすすめの自己分析ツールはないんですか?・・・

確かに7つもあると迷いますよね・・・

僕自身が全て利用して検討した結果、特におすすめの自己分析ツールは、以下の3つです。

就活の参考書編集部 岡本 恵典

【迷ったらとにかくこの3つ!】

  • 「適性診断AnalyzeU+」
  • 「キミスカ適性検査」
  • 「dodaキャンパス」

3つを並行して利用するスタイルが最強の使い方

上記3つは、特に診断の精度が高い且つ、使いやすいので、3つ以上並行して利用することで、抜け漏れのない自己分析を行うことができます。

就活の参考書編集部 岡本 恵典

 

おすすめの自己分析ツール7つを更に詳しく解説!

これから先ほど、紹介した自己分析ツール7つをそれぞれ詳しく解説していきます。

  • 「サービスの特徴」
  • 「実際の診断結果」
  • 「使った感想」

含め忖度なしで紹介していきます。

就活の参考書編集部 岡本 恵典

【厳選】おすすめ自己分析ツール7選
  1. 適性診断AnalyzeU+(OfferBox)
  2. 適性検査GPS(dodaキャンパス)
  3. キミスカ適性検査(キミスカ)
  4. キャリアパーク自己分析シート(キャリアパーク)
  5. リクナビ診断(リクルート)
  6. 適性診断MATCH plus (マイナビ)
  7. キャリタスクエスト(ディスコ)
  8. エニアグラム無料診断(ホイミー)
それでは、名それぞれの自己分析ツールを1つずつ紹介していきます。

就活の参考書編集部 岡本 恵典

 

自己分析ツール①:適性診断AnalyzeU+(OfferBox)

自己分析ツール①:適性診断AnalyzeU+(OfferBox)

おすすめの自己分析ツール1つ目は「適性診断AnalyzeU+」です。

「適性診断AnalyzeU+」を利用すると、社会人に求められる能力を6タイプに分けて、診断してくれます。

特徴は、問題数が251問と豊富なので、どの自己分析ツールよりも精度の高い本格的な自己分析ができる点です。

適性診断AnalyzeU+の特徴は以下3つです。

就活の参考書編集部 岡本 恵典

  1. 診断結果のアドバイスから簡単に自己PR文を作成できる
  2. 強み・弱みが偏差値形式で出るので、客観的な自己分析ができる
  3. 診断後、企業からスカウトが来る

適性診断AnalyzeU+は、無料逆求人サービス「OfferBox」に登録すると、利用できる自己分析ツールです。

そのため、診断後、診断結果を企業が見て、あなたの特徴や強みを活かせる企業からオファーが来ます。

診断すると、自己分析ができるだけでなく、企業から特別案内のオファーも来るので、他の自己分析診断ツールとは一線を画しています。

就活の参考書編集部 岡本 恵典

 

僕も実際に適性診断AnalyzeU+を利用したので、診断結果を紹介します。

実際に適性診断AnalyzeU+を利用した

 

利用した感想ですが、質問に答えるだけで、ここまで詳しい自己分析ができるのはとても便利でした。

診断後、実際に企業からオファーも来るので、企業選びに困っている方にもおすすめです。

みなさんもぜひ、OfferBoxの登録したら、適性診断AnalyzeU+をすぐ利用してみてくださいね。

就活の参考書編集部 岡本 恵典

【人気第1位の自己分析ツール】

適性診断AnalyzeU+で自己分析をしてみる

”学生は無料で利用可能”

 

自己分析ツール②:適性検査GPS(dodaキャンパス)

自己分析ツール②:適性検査GPS(dodaキャンパス)

 

おすすめの自己分析ツール2つ目は「適性検査GPS(dodaキャンパス)」です。

適性検査GPS(dodaキャンパス)は、用意された23の質問に答えるだけで、気軽に自己分析が行えるサービスです。

自己分析の結果がグラフ・ランク形式で確認できるため、比較しながら客観的な自己分析ができます。

ちなみに、適性検査GPSは、逆求人スカウトサービス「dodaキャンパス」に登録すると利用できる診断ツールです。

そのため診断後、あなたにぴったりの企業からオファーを受けることができます。

就活の参考書編集部 岡本 恵典

適性検査GPS(dodaキャンパス)の特徴3つ
  • 大手有名企業含む6,200社以上が登録
  • 学生のオファー受診率が98%と高い
  • 問題数が少ないので、3分で気軽に受験可能

1人で就活を進めていると、出会える企業数は限られています。

しかし、適性検査GPSを提供している「dodaキャンパス」を利用すれば、効率よく様々な企業と接触できます。

行きたい企業がまだ見つかっていない方には、dodaキャンパスは特におすすめのサービスです。

企業からのオファー受診率98%は、圧倒的な数字で、採用に活発的な企業が登録している証拠です。

面接練習も含めて、いろんな企業の選考に参加する使い方もアリです!

就活の参考書編集部 岡本 恵典

僕も実際に適性検査GPS(dodaキャンパス)を利用したので、診断結果を紹介します。

適性検査GPS(dodaキャンパス)の受験は、実際に3分ほどで完了しました。

 

僕も実際に適性検査GPS(dodaキャンパス)を利用したので、診断結果を紹介します。

 

そして、適性検査GPS(dodaキャンパス)を利用した後、企業からの特別選考案内のスカウトメールも届きました。

適性検査GPS(dodaキャンパス)は、たくさんの大手企業も登録しているので、わざわざ企業を探して選考に応募するという手間が省けるので、非常に便利な自己分析ツールだと思います。

適性検査GPS(dodaキャンパス)は、たくさんの大手企業も登録している

 

大手企業含め、あなたの強みと特徴が活かせる企業からオファーも来るので、「dodaキャンパス」に登録した後に、ぜひ「適性検査GPS」を利用してくださいね。

就活の参考書編集部 岡本 恵典

【自己分析と企業探しが同時に出来る!】

適性検査GPS(dodaキャンパス)で自己分析をしてみる

”学生は無料で利用可能”

 

自己分析ツール③:キミスカ適性検査(キミスカ)

自己分析ツール③:キミスカ適性検査(キミスカ)

おすすめの自己分析ツール3つ目は「キミスカ適性検査」です。

キミスカは、150問の問題に回答して、9つの項目結果から自己分析できる自己分析ツールです。

キミスカ適性検査の特徴は以下です。

キミスカ適性検査の特徴
  • 質問数が150問と多いので深い自己分析ができる
  • 9つの項目から自分を客観視できる
  • 自分が活躍しやすい企業からスカウトが来る

 

9つの項目に分けて診断結果を出してくれるのは、自己分析をする上でとても参考になりますよね。

9つの項目は以下です。

就活の参考書編集部 岡本 恵典

  • 性格の傾向
  • 意欲の傾向
  • 思考力の傾向
  • ストレス耐性
  • 価値観の傾向
  • 職務適性
  • 戦闘力
  • 虚偽回答の傾向
  • 人物像及び人材活用に関するコメント

僕も実際に、キミスカ適性検査を利用したので、診断結果を紹介します。

キミスカ適性検査の受験は、5分ほどで完了しました。

僕も実際に、キミスカ適性検査を利用したので、診断結果を紹介します。

 

 

感想ですが、自分の性格をあらゆる項目で審査してくれるのは、シンプルに面白かったですね。

特に、虚偽回答の傾向を見た時は、自分で自分にいい格好をしているのが分かったのもあるので、素直になろうと思いました。笑

就活の参考書編集部 岡本 恵典

診断後、グラフで結果を出してくれるので、友人と比べて見たり、自己PRの文章を作成する時に参考にすることができます。

自己分析を効率よく進めるためにも、ぜひ「キミスカ適性検査」を利用してくださいね。

就活の参考書編集部 岡本 恵典

【9つの項目で自己分析が可能!!】

キミスカ適性検査で自己分析をしてみる

”学生は無料で利用可能”

 

自己分析ツール④:キャリアパーク自己分析シート(キャリアパーク)

自己分析ツール④:キャリアパーク自己分析シート(キャリアパーク)

おすすめの自己分析ツール4つ目は「キャリアパーク自己分析シート」です。

「キャリアパーク自己分析シート」最大の特徴は、自己分析診断後、あなたの強みから適職を紹介してくれることです。

キャリアパーク自己分析シートの特徴は以下です。

キャリアパーク自己分析シートの特徴
  • 自分の強みを活かせる適職を紹介してくれる
  • 問題数が36個だけなので気軽に診断できる
  • 強みと弱みを明確に把握でき6つのタイプで診断してもらえる

 

6つのタイプの中から1番あったタイプを診断してもらえます。

6つのタイプは、以下です。

就活の参考書編集部 岡本 恵典

  • 技術者タイプ
  • 研究者タイプ
  • 対人支援タイプ
  • クリエータータイプ
  • リーダータイプ
  • 実務家タイプ

 

6つのタイプの中から1番あったタイプを診断してもらえます。

 

実際にキャリアパークシートを使って自己分析診断をしました。

実際の診断結果です。

就活の参考書編集部 岡本 恵典

キャリアパークシート実際の診断結果1

キャリアパークシート実際の診断結果2

ちなみに、キャリアパークに登録すると、自己分析診断を行えだけでなく、自己分析マニュアルも見れます。

自己分析後、実際に適職を紹介してくれらので、企業選びの参考になりました。

就活を進める上で、どのような職種につこうか悩みますよね。そんな時は、キャリアパークを利用して、ぜひあなたの強みを生かせる職種を見つけてくださいね。

就活の参考書編集部 岡本 恵典

【あなたにぴったりの適職を見つけられる】

キャリアパークで自己分析をしてみる

”学生は無料で利用可能”

 

自己分析ツール⑤:リクナビ診断(リクルート)

自己分析ツール⑤:リクナビ診断(リクルート)

おすすめの自己分析ツール5つ目は「リクナビ診断」です。

リクナビ診断は、大手人材会社のリクルートが運営している自己分析ツールです。

リクナビ診断を利用するとあなたに向いている仕事を紹介してくれるため、適職は何なのかを確認して自己分析ができます。

リクナビ診断の特徴
  • 自分に適した職業を膨大なデータから知れる
  • 1度だけではなく、何回も受けられるので他のパターンも確認できる
  • 大手人材会社リクルートが運営しているため安心のサービス

僕も実際に「リクナビ診断」を利用したので、診断結果を紹介します。

僕も実際に「リクナビ診断」を利用したので、診断結果を紹介します。

 

リクナビ診断を受験すると、自分自身の傾向が把握できました。

結構当たっているなあと思いました。笑

就活の参考書編集部 岡本 恵典

 

サイトを利用している人数が多いので、膨大なデータから診断結果を出してくれるのがリクナビの強みですね。

リクナビに登録する時は、リクナビ診断もぜひ並行して使ってみてくださいね。

【膨大なデータからあなたを診断】

リクナビ診断で自己分析をしてみる

”学生は無料で利用可能”

 

自己分析ツール⑥:適性診断MATCH plus (マイナビ)

自己分析ツール⑥:適性診断MATCH plus (マイナビ)

おすすめの自己分析ツール6つ目は「適性診断MATCH plus (マイナビ)」です。

適性診断MATCH plusは、大手人材会社のマイナビが運営している自己分析ツールです。

適性診断MATCH plusは、回答時間が30分で問題数が162問ほどあるので、他の自己分析ツールと比べると、非常に詳細な結果が出ます。

適性診断MATCH plusの特徴は以下です。

就活の参考書編集部 岡本 恵典

適性診断MATCH plusの特徴
  • 他のツールと比べても分析結果が詳細に出る
  • 他の学生と回答結果を比較して客観視できる
  • 分析した結果をPDFで保存できる
  • 300万人以上の就活生が受けている
適性診断MATCH plusで分かることは以下の7つです。

就活の参考書編集部 岡本 恵典

適性診断MATCH plusで分かること

  • パーソナリティの特徴と強み・弱み
  • 社会人基礎力
  • 向いている業界
  • 向いている職種
  • 過去の受検結果との比較
  • 社会で役立つ能力を身に付けるためのアドバイス
  • みんなの状況リポート

 

適性診断MATCH plusは、マイナビに登録するだけで無料で使える自己分析ツールなので、一度だけでも利用する価値があります。

就活の参考書編集部 岡本 恵典

【あなたの特徴と強みを診断】

適性診断MATCH plusで自己分析をしてみる

”学生は無料で利用可能”

 

自己分析ツール⑦:キャリタスクエスト(ディスコ)

自己分析ツール⑦:キャリタスクエスト(ディスコ)

おすすめの自己分析ツール7つ目は「キャリタスクエスト(ディスコ)」です。

「キャリタスクエスト(ディスコ)」の最大の特徴は、RPGゲーム形式で自己分析ができる点です。

キャリタスクエスト(ディスコ)を実際に利用すると、「人間力」「恋愛力」「就活力」「先輩からの生の声」の4つの項目から自己分析を行ってくれます。

キャリタスクエスト(ディスコ)の特徴は下記の3つです。

就活の参考書編集部 岡本 恵典

キャリタスクエスト(ディスコ)の特徴
  • 問題数は20問で、5分ほどで診断を終えることができる
  • RPGのゲーム感覚で気軽に自己分析ができる
  • 就活の先輩のリアルな失敗談がわかる
キャリタスクエスト(ディスコ)を特におすすめする方です。

就活の参考書編集部 岡本 恵典

キャリタスクエスト(ディスコ)をがおすすめな人

  • ゲーム感覚で自己分析がしたい人
  • 実際の体験談を糧にして就活に生かしたい人

僕も実際に、キャリタスクエスト(ディスコ)を利用したので、診断結果を紹介します。

僕も実際に、キャリタスクエスト(ディスコ)を利用したので、診断結果を紹介します。

実際に、RPGの主人公になりきりながら、20問の質問にYES/NOで答えていく形式でした。

就活の参考書編集部 岡本 恵典

キャリタスクエスト(ディスコ)RPGの主人公になりきりながら、20問の質問にYES/NOで答えていく形式

診断後、自分の強みと業界傾向、先輩のリアルな失敗談が提示されました。

ゲーム感覚で回答に答えていくので、移動中の電車などで暇つぶしにやるにはちょうどいいなと思いました。笑

就活では、様々なサービスがありますが、キャリタスクエストはユニークで息抜きとしても利用できました。

ぜひ、皆さんも他のツールと一緒に利用してみてくださいね。

就活の参考書編集部 岡本 恵典

【ゲーム感覚で気軽に自己分析】

キャリタスクエスト(ディスコ)で自己分析をしてみる

”学生は無料で利用可能”

 

自己分析ツールでよくある質問

ここからは、自己分析ツールを利用する上でよくある質問に回答していきます。

それでは、早速みていきましょう。

就活の参考書編集部 岡本 恵典

 

質問①:後から追加料金もなくずっと無料で利用できますか?

一貫してずっと無料で利用できます。

就活の参考書編集部 岡本 恵典

どの就活エージェントも変わらず、就活生は、就活の初めから内定をもらうまで無料の利用が可能です。

就活エージェントの仕組みとしては、企業側に学生を内定させることができれば報酬が発生する仕組みなので、学生側には一切お金がかからない仕組みとなっています。

 

質問②:結局どれを一番使うべきですか?おすすめを教えてください

僕の一番のおすすめは下記3つを同時並行で使用することです。

就活の参考書編集部 岡本 恵典

本気でおすすめできる自己分析ツール

  • 適性診断AnalyzeU+(OfferBox)
  • 適性検査GPS(dodaキャンパス)
  • キミスカ適性検査(キミスカ)
上記3つの自己分析診断の精度は非常に高く、並行して利用することで抜け漏れのない自己分析を行えます。

就活の参考書編集部 岡本 恵典

 

質問③:自己分析ツールの上手な使い方を教えてください

自己分析をしたあとに、自己分析ツールを使って、自身の自己分析がに抜け漏れがないか確認するやり方です。

自己分析ツールに頼りすぎず、あくまで補足的に使うツールだと覚えておきましょう。

就活の参考書編集部 岡本 恵典

 

まとめ:自己分析ツールを使って就活を効率よく進めよう

いかがだったでしょうか。

ここまで、おすすめの自己分析ツールについてまとめました。

自己分析ツールを利用すれば、1人の自己分析では見抜けなかった部分を見抜けるようになります。

抜け漏れのない自己分析を行うことで、面接官の質問にもしっかりと応えられるようになります。

ぜひ、今から自己分析ツールを使って気軽に自己分析をしてみましょう。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

他にも就活の参考書では、就活に関する様々な情報を提供しているので、ぜひ他の記事も合わせて読んでみてくださいね。

就活の参考書編集部 岡本 恵典

 

コメントを残す