【例文あり】面接の「今までに一番嬉しかったこと」で差がつく答え方 | 質問意図も

この記事を読んで知れること
  • 「今までに一番嬉しかったこと」質問意図は、学生の人柄を探っている
  • 「今までに一番嬉しかったこと」面接でそのまま真似できる好印象な回答例
  • 「今までに一番嬉しかったこと」周りと差がつく答え方4つ

 

皆さんこんにちは。「就活の参考書」編集部の田中 湊です。

この記事では、面接で「今までに一番嬉しかったこと」を質問されたときの答え方を解説します。

就活生の皆さんは「あなたがこれまでに一番嬉しかったことはなんですか?」と面接で聞かれた場合、なんと答えていますか?

就活の参考書編集部 田中 湊

 

とある就活生くん

改めて考えてみると、今までに一番嬉しかったことって意識したことないかも・・・

面接で「今までに一番嬉しかったこと」って意外とよく聞かれるんですか?

とある就活生さん

この前の面接で「今までに一番嬉しかったこと」を聞かれたんだけど、用意していなくて上手く答えられませんでした・・・

あの場合なんって答えるのが正解だったんだろう?

「今までに一番嬉しかったこと」を急に面接で聞かれても、なんて答えたらいいのか困りますよね・・・

ですが「今までに一番嬉しかったこと」は、面接やエントリーシート(ES)でよく聞かれやすい質問なので、事前に対策が必要なんです。

就活の参考書編集部 田中 湊

 

そこでこの記事では「今までに一番嬉しかったこと」の面接での答え方を解説します。

合わせて「今までに一番嬉しかったこと」を面接官が質問する意図や、好印象な回答例も紹介します。

この記事を読めば「今までに一番嬉しかったことを面接で聞かれたけど、上手く答えられなかった・・・」なんてことを避けられます。

「面接で、今までに一番嬉しかったことを上手に答えて好印象を与えたい!」という就活生は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

「今までに一番嬉しかったこと」面接で質問する意図

とある就活生さん

そもそも面接官は、なんで「今までに一番嬉しかったこと」を質問してくるの?

仕事とはあんまり関係なさそうだけど・・・

実は面接で「今までに一番嬉しかったこと」を質問するのは、いくつもの意図が隠されています。

以下のグラフを確認してみてください。

就活の参考書編集部 田中 湊

「いままでに一番嬉しかったこと」の質問意図
  • 質問意図①:学生の人柄を知りたいから
  • 質問意図②:嬉しい経験で何を学びどう活かすか知りたいから
  • 質問意図③:仕事に対する価値観を知りたいから

それでは「いままでに一番嬉しかったこと」をそれぞれ解説していきますね。

就活の参考書編集部 田中 湊

 

質問意図①:学生の人柄を知りたいから

面接で「今までに一番嬉しかったこと」の質問意図1つ目は、学生の人柄を知りたいからです。

学生の嬉しかったエピソードを聞くことで、その人の人柄や価値観などが把握できます。

面接官にとっては、嬉しかったことの度合いは関係ありません

人柄などが分かれば、面接している学生と会社の相性が把握しやすいので、面接官は嬉しかったことを探っているのです。

どんなことが嬉しかったかヒアリングして、あなたの価値観や人柄を知ろうとしているのですよ。

就活の参考書編集部 田中 湊

 

質問意図②:嬉しい経験で何を学びどう活かすか知りたいから

面接で「今までに一番嬉しかったこと」の質問意図2つ目は、嬉しい経験で何を学びどう活かすか知りたいからです。

面接官は嬉しかったことから「何を感じて、どのような行動に移したか」確認しています。

そこから、働き始めるとどんなことに興味を持ち自発的に行動してくれるのかを把握しようとしているのです。

とある就活生さん

いままでに一番嬉しかったことは、部活動でメンバーと必死になり練習して県大会でベスト8になれたことです。

上記の場合だと誰かと協力して成果を出すことにやりがいを感じる人なんだなと感じてもらえます。

質問意図を踏まえて回答できると面接官に好印象を残せますよ。

就活の参考書編集部 田中 湊

 

質問意図③:仕事に対する価値観を知りたいから

面接で「今までに一番嬉しかったこと」の質問意図3つ目は、仕事に対する価値観を知りたいからです。

就活生の仕事に対する価値観を見極めることも、いままでに一番嬉しかったことを質問する理由です。

学生の仕事の価値観と企業が目指す価値観が一致しているかは、お互いにとってかなり重要になります。

何に感動するかによって、物事をどのように捉えているのかが分かり、結果的にそれが仕事への価値観に繋がります。

そのため、嬉しかったことを質問して仕事の価値観と企業の価値観のマッチ度を探っているのです。

以上が面接官が「いままでに一番嬉しかったこと」を質問する意図です。

意図を先読みして面接官の知りたいことを簡潔にまとめておくと面接で他の就活生と差がつくので、覚えていてくださいね。

就活の参考書編集部 田中 湊

 

「今までに一番嬉しかったこと」面接で好印象な回答例

とある就活生さん

質問意図を理解した上で「いままでに一番嬉しかったこと」を具体的になんって答えたらいいのか知りたいです。

面接で答える時に参考にできるような例文ってありますか?

それでは、今から面接官の印象に残る「いままでに一番嬉しかったこと」の回答例を紹介します。

以下の例文を基に自分の経験に置き換えて面接で上手くアピールしてくださいね。

就活の参考書編集部 田中 湊

 

【Q.いままでに一番嬉しかったことはなんですか?】

 

私がいままでに一番嬉しかったことは、大学の部活で初めてスタメンで出場した試合の時です。

私は小学校から12年間サッカー一筋で取り組み、高校ではインターハイにも出場し、実力には自信がありました。

しかし、大学では1軍に入れず、3軍からのスタートになりました。

初めは、自信がなくなってしまいましたが、その悔しさをバネに練習を積み、弱点だったフィジカルの強化も行い2年生のときに1軍に昇格し、以降ずっとレギュラーで活躍しました。

私はこの経験から自分のことを過大評価することなく、客観視して見つめ直す大切さを学びました。

貴社でも広い視野で物事を捉えて、自分にできることを整理しながら少しずつ生産性を上げて、会社に貢献していきます。

上記の例文では、一度挫折をしたものの、悔しさをバネに努力できる人柄が伝わってきますね。

悔しい経験を成功体験に変えた時の喜びは共感してもらいやすいので、好印象な回答になっていますね。

就活の参考書編集部 田中 湊

 

「今までに一番嬉しかったこと」面接での正しい伝え方

とある就活生くん

例文のように自分も「いままでに一番嬉しかったこと」をスラスラと伝えられるようになりたいです。

面接官に嬉しかったことを伝える時に意識することって何かありますか?

「いままでに一番嬉しかったこと」を面接で質問されたら、以下のことを意識して答えるようにしましょう。

就活の参考書編集部 田中 湊

「今までに一番嬉しかったこと」の伝え方
  • 伝え方①:一番初めに嬉しかったことを話す
  • 伝え方②:嬉しかったときの具体的なエピソードを話す
  • 伝え方③:嬉しい体験でで何を学んだのかを話す
  • 伝え方④:最後に今後の仕事でどう活かすのか話す

それでは、面接で「いままでに一番嬉しかったこと」を上手く伝える時のコツを解説していきますね。

就活の参考書編集部 田中 湊

 

伝え方①:一番初めに嬉しかったことを話す

「今までに一番嬉しかったこと」面接での伝え方1つ目は、一番初めに嬉しかったことを話すです。

話の結論を初めに伝えないと、話の主張や要点が曖昧になってしまいやすいです。

基本的に相手に自分の思っっていることが上手く伝えられない人は、話し始める時に結論から話していない場合が多いです。

「〇〇が嬉しかった」と話し始めて、的確に話の主張や焦点を伝えることで、話のスタートは上手くまとまります。

「結論ファースト」を意識して嬉しかったことを簡潔に伝えるといいですよ。

就活の参考書編集部 田中 湊

 

伝え方②:嬉しかったときの具体的なエピソードを話す

「今までに一番嬉しかったこと」面接での伝え方2つ目は、嬉しかったときの具体的なエピソードを話すです。

誰が聞いても分かりやすいエピソードを伝えると、面接官もあなたの人物像をイメージしやすくなります。

例えば「予定を詰め込みすぎてしまい、休む暇もなく動き続けてストレスを感じた」といった、具体的なエピソードを盛り込んで話しましょう。

反対に、具体的なエピソードがないと、面接官が知りたいことが伝わらず、あなたの魅力を理解してもらえない可能性も出てきます。

そのため「今までに一番嬉しかったこと」を答える時は、実際のシーンが思い浮かぶぐらい具体的な表現をしましょう。

「今までに一番嬉しかったこと」は、例え話を使って、誰が聞いても理解できるように答えましょう。

就活の参考書編集部 田中 湊

 

伝え方③:嬉しい体験で何を学んだのかを話す

「今までに一番嬉しかったこと」面接での伝え方3つ目は、嬉しい体験で何を学んだのかを話すです。

「あの経験が嬉しかった」と伝えるだけでは、面接では、アピール不足になってしまします。

嬉しかった経験が、その後の人生にどう影響を与えたのかも伝えて面接官にアピールしましょう。

 

また、面接では「いままでに一番嬉しかったこと」を回答をしたら、あなたの回答を深掘りされる場合が多いです。

嬉しかった経験から、何を学び今度どう活かしていきたいのかを、相手に伝えられるように準備しておきましょう。

実は、「嬉しかったこと」を話すだけだと、せっかくのアピール時間を放棄しているのと一緒なのです

就活の参考書編集部 田中 湊

 

伝え方④:最後に今後の仕事でどう活かすのか話す

「今までに一番嬉しかったこと」面接での伝え方4つ目は、最後に今後の仕事でどう活かすのか話すです。

嬉しかったことを踏まえ働き始めたらどう活かすのか伝えると、面接官の一番知りたい仕事の価値観をスマートに伝えられます

また「いままでに一番嬉しかったこと」を質問されて、今後の働き方にまで触れられる学生は多くありません。

他の就活生と差をつけられる絶好のチャンスなため、意識して話すと高評価を得られます。

以上が「いままでに一番嬉しかったこと」の好印象な伝え方です。

就活生の皆さんは、解説した伝え方を参考にして面接で話してみてくださいね。

就活の参考書編集部 田中 湊

 

ちなみに、いままでに一番嬉しかったことを簡単に振り返るには、自己分析をして過去の経験を思い出すのがおすすめです!

以下の記事では「自己分析が苦手・もっと突き詰めて自己分析をしたい」と多くの就活生に向けて自己分析のやり方を解説しています。

自己分析が簡単にできる方法や、無料で自分の代わりに自己分析を済ませてくれるサービスも紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

一緒に読むことで就活レベルUP

⇒ 自己分析 ツール 準備中

⇒ 自己分析 やり方 カテゴリ 準備中

 

まとめ:嬉しかったことの意図を踏まえて上手にアピールしてみよう!

「【例文あり】面接の「今までに一番嬉しかったこと」で差がつく答え方 | 質問意図も」はいかがだったでしょうか?

この記事では「今までに一番嬉しかったこと」面接での答え方を解説しました。

合わせて「今までに一番嬉しかったこと」を面接官が質問する意図や、好印象な回答例も解説していきました。

 

この記事のまとめを以下に掲載しておきますね。

就活の参考書編集部 田中 湊

「いままでに一番嬉しかったこと」まとめ

「今までに一番嬉しかったこと」面接で質問する意図

  • 質問意図①:学生の人柄を知りたいから
  • 質問意図②:嬉しい経験で何を学びどう活かすか知りたいから
  • 質問意図③:仕事に対する価値観を知りたいから

 

「今までに一番嬉しかったこと」面接で好印象な回答例

 

「今までに一番嬉しかったこと」面接での正しい伝え方

  • 伝え方①:一番初めに嬉しかったことを話す
  • 伝え方②:嬉しかったときの具体的なエピソードを話す
  • 伝え方③:嬉しい体験で何を学んだのかを話す
  • 伝え方④:最後に今後の仕事でどう活かすのか話す

 

まとめ:嬉しかったことの意図を踏まえて上手にアピールしてみよう!

 

「いままでに一番嬉しかったこと」の面接での答え方は覚えられましたか?

要点を忘れないように、スクショやページを保存していつでも見返せるようにしておきましょう。

就活の面接で困ったことがあれば他にも参考になる記事がたくさんあるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

就活の参考書編集部 田中 湊

コメントを残す