【内定者が教える】就活が死にたいと思うほど苦しい理由 | 試してほしいこと,就職以外の道も

この記事でわかること
  • 「就活で死にたい」と考えている就活生は多くいる
  • 就活生が「就活で死にたい」と考える原因は日本の就活制度に問題がある
  • 「就活で死にたい」と感じたら、試してみてほしい5つのこと
  • 「就活で死にたい」と考えるなら、就職以外の道を考えてみる

 

みなさん、こんにちは。「就活の教科書」編集部の坂本です。

この記事では、「就活で死にたい」ということについて解説します。

あなたは「死にたいと思うほど就活が苦しい…」「就活で内定もらえないし、もう死にたい…」なんて思ったことはありませんか?

「就活の教科書」編集部 坂本

就活生くん

僕はいま内定がなくて苦しいです。

周りの友人は就活を終えて、私だけ取り残されているので、最近では「死にたい」という言葉が頭をよぎったりします。

どうしたらいいんでしょうか…

就活生ちゃん

私はインターンが落選続きで苦しいです。

もしこのままESを書いても、何も通過できなかったら、もうしにたいです。

就活がこんなに辛いのは私だけでしょうか。

実は私も就活は苦労していたので、死にたいと感じることはよくありました。

ただ、「就活で死にたい」と考えるのは、就活に本気で向き合っている証拠でもあります。

就活に本気で向き合っている自分を一旦褒めて、一緒に乗り越えていきましょう。

「就活の教科書」編集部 坂本

 

そこでこの記事では「就活で死にたいと考える理由」を解説します。

合わせて、「就活で死にたいと考えるときに試してほしいこと」「就職以外の道」も解説しています。

この記事を読めば、今より心の重りが外れ、「就活で死にたい」なんて感じることもなくなります。

「就活で死にたい」と考えるほど追い込まれ、早く就活を抜け出したい就活生は、ぜひ最後まで読んでくださいね。

 

「就活で死にたい」と考えている就活生は多くいる

就活生くん

正直、就活が苦しいです。

私は毎日お祈りメールが送られているのに、友人は就活を終えたり、内定を持ち始めています。

こんなに苦しいのなら、「就活で死にたい」と感じてしまうほど、どん底の日々を送っています。

私も就活では何度も苦しい思いをしました。

実は「就活で死にたい」と考えるほど、苦しいのはあなただけじゃないんです。

「就活の教科書」編集部 坂本

https://twitter.com/6hqJxA1FFNCmKD/status/1328713255947096066

https://twitter.com/smile_runbest/status/1329617375579103232

 

就活を苦しいと感じる人は自分だけだと責めずに、就活をしている自分を褒めながら頑張りましょう。

「就活の教科書」編集部 坂本

 

「就活で死にたい」と考える理由5つ

実際に、就職活動で自殺している就活生が150人もいるのは信じられないですよね…

「就活で死にたい」と考える原因を突き止め、「就活で死にたい」と考えないようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 坂本

「就活で死にたい」と考える理由5つ
  • 理由①:学歴フィルターによる書類落ち
  • 理由②:過密日程によるハードワーク
  • 理由③:お祈りメールがこない
  • 理由④:企業から正当な評価が受けられない
  • 理由⑤:友人と自分を比較してしまう

それでは、「就活で死にたい」と考える原因を見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 坂本

 

理由①:学歴フィルターによる書類落ち

「就活で死にたい」と考える理由の1つ目は、「学歴フィルターによる書類落ち」です。

日本の就職活動はエントリーシートで、学歴により合否を分けられることが多くあります。

そのため、就活生は何も力を発揮できず落選し「就活で死にたい」と考えてしまうのです。

何もできずに終わるより、少しでも面接で力を出し切れると、「就活でしにたい」と考えることも少なくなりますよね。

学歴フィルターは年々問題になってきており、少しづつ解消されています。

しかし、まだまだ根強く残る問題でもあるので、早く学歴を重視しない完全燃焼できる就職活動になって欲しいですね。

「就活の教科書」編集部 坂本

 

理由②:過密日程によるハードワーク

「就活で死にたい」と考える理由の2つ目は、「過密日程によるハードワーク」です。

21卒までは就活の解禁日は決まっており、繁忙期は説明会、エントリーシート、面接が重なり、「就活で死にたい」と考える人が多くいたからです。

私の先輩は1日に説明会を3つ周り、移動時間にエントリーシートを書くなど、1ヶ月間十分に眠れなかったと言っていました。

「就活の教科書」編集部 坂本

就活生くん

確かに1日に就活の予定がいくつも入っていたら、ストレスで死んでしまいそう。

 

息が詰まるような毎日を過ごすことで、心が折れてしまい「就活で死にたい」と考えるようになってしまうのです。

「就活でしにたい」と考えるときは、追い込みすぎず立ち止まることも大切です。

就活は苦しいハードワークをこなしても、内定を取れる企業が0なんてこともあります。

そのため、頑張っても成果が出ず、「就活で死にたい」と考えるようになってしまうのです。

「就活の教科書」編集部 坂本

 

理由③:お祈りメールがこない

「就活で死にたい」と考える理由の3つ目は、「お祈りメールがこない」です。

合否連絡までの日数は就活生にとって苦しく、企業次第ではお祈りメールを送らないため、「就活で死にたい」と考えるようになるからです。

就活生くん

よし、1次審査の合格連絡が2週間で来たから、今回の2次面接の結果も2週間ぐらいかかるかな。

面接の手応えがあったから、今回は期待できそう。

人事さん

就活生くん

面接から2週間経ったのに連絡が来ない。

一体いつまで待てばいいんだろうか、こんなに苦しいなら、「就活でしにたい」。

私も面接で手応えがあり、期待していたものの、お祈りメールが来ず、「就活でしにたい」と考えていました。

就職活動は就活生の人生がかかっているので、全ての企業がルールを守れる就職活動になればいいですよね。

「就活の教科書」編集部 坂本

 

理由④:企業から正当な評価が受けられない

「就活で死にたい」と考える理由の4つ目は、「企業から正当な評価が受けられない」です。

面接は面接官との相性も大きくポイントになるので、面接官と相性が合わず、正当な評価を受けられず落選することもあるからです。

例えば、出身大学が同じで面接の空気が和やかになったり、面接官と相性が合わず、厳格な空気で面接を行うなどです。

面接官との相性は、自分の努力では太刀打ちできないため、正当な評価が受けられず、「就活でしにたい」と考えるようになります。

私の友人も、2次面接では話が合わず自分の力を出しきれなかったとよく言っていました。

面接官との相性で自分の実力が左右され、正当な評価を得られないなら「就活でしにたい」と考えてもおかしくありません。

「就活の教科書」編集部 坂本

理由⑤:友人と自分を比較してしまう

「就活で死にたい」と考える理由の5つ目は、「友人と自分を比較してしまう」です。

同じレベルだと考えていた友人が複数内定を獲得すると、自分の能力を疑問視し、「就活で死にたい」と考えるからです。

例えば、あなたは内定がなく、友人が内定を複数持っていると、現実に耐えられず、「就活で死にたい」と考えてしまいます。

就職活動では、友人とあなたを比較する気持ちも分かりますが、あなた自身の良さを捨てないようにしましょう。

私も友達の就活状況を気にして「就活で死にたい」と考えたことありました。

ただ、就職活動は能力の差ではなく、企業との相性もあるので、気にせず、自分を見失わないようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 坂本

 

「就活で死にたい」と考えたら試してほしいこと5つ

就活生くん

確かに、私も友人の就活状況と比較して、「就活で死にたい」と考えていました。

ですが、「就活で死にたい」と考えるほど苦しいときは、もうどうすればいいんでしょうか。

「就活で死にたい」と考えているときには試して欲しいことが5つあります。

5つのことを1つでもすれば、「就活で死にたい」と考えることは無くなると思います。

「就活の教科書」編集部 坂本

「就活で死にたい」と考えたら試してほしいこと5つ
  • 試してほしいこと①:就活エージェントに相談する
  • 試してほしいこと②:大手企業から中小企業にエントリーする
  • 試してほしいこと③:持ち駒を増やす
  • 試してほしいこと④:志望業界を変えてみる
  • 試してほしいこと⑤:リフレッシュ日を設ける

それでは、「就活で死にたい」と考えたらやって欲しいことを見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 坂本

 

試してほしいこと①:就活エージェントに相談する

「就活で死にたい」と考えたら試してほしいこと1つ目は、「就活エージェントに相談する」です。

「就活で死にたい」と考えている就活生は、就職活動を個人で進めていることが多く、情報不足や、自分自身を追い詰めすぎる可能性があるからです。

例えば、就活で落選ばかりしてしまい、恥ずかしさから人に相談できず苦しくなるなどです。

就活エージェントなら気軽に就活の相談をでき、必要な情報も獲得できます。

就活エージェントは就活生のメンタルケアも行ってくれるので、「就活で死にたい」と考える就活生には試して欲しいです。

私の友人でも、就活エージェントを使い、自分を見つめ直し、就活に成功した人もいますよ。

「就活の教科書」編集部 坂本

 

試してほしいこと②:大手企業から中小企業にエントリーする

「就活で死にたい」と考えたら試してほしいこと2つ目は、「大手企業から中小企業にエントリーする」です。

「就活で死にたい」と考えている就活生は、大手企業しか受けていないことが多いからです。

例えば、30社にエントリーを出していても、全て大手企業で中小企業を受けていないなどです。

大手企業に憧れる気持ちも分かりますが、その分倍率も高いので、中小企業にエントリーし、心の余裕を持つことも大切です。

中小企業で内定を獲得した後に、大手企業を受けると心の余裕が生まれ、大手でも内定を獲得しやすくなります。

もし「就活で死にたい」と考えるのであれば、中小企業にエントリーしてみましょう。

「就活の教科書」編集部 坂本

 

試してほしいこと③:持ち駒を増やす

「就活で死にたい」と考えたら試してほしいこと3つ目は、「持ち駒を増やす」です。

「就活で死にたい」と考える就活生は、そもそもエントリー企業が少ないことが多いからです。

例えば、初めからエントリー企業が15社ほどしかなく、内定をもらえない焦りから「就活で死にたい」と考えるなどです。

「就活で死にたい」と考える就活生は能力ではなく、エントリー企業の少なさが問題の可能性があるので、30社以上はエントリーしましょう。

私が就活中に出会った超大手に勤める社会人がいましたが、その方は就活氷河期中で100社にエントリーし内定は1つだけだったそうです。

超優秀な方でもエントリーを100社出しているので、皆さんも持ち駒を増やしましょう。

「就活の教科書」編集部 坂本

 

試してほしいこと④:志望業界を変えてみる

「就活で死にたい」と考えたら試してほしいこと4つ目は、「志望業界を変えてみる」です。

「就活で死にたい」と考える就活生は、特定の業界にこだわりすぎている傾向があるからです。

例えば、IT業界に強い希望を持っているが、人のやる気を向上させることが強みであり、IT業界よりも人材業界の方が適性があるなどです。

志望業界は大切ですが、志望業界と自分が求められる業界は違うこともあるので、自分の能力が活かせる業界を探すことも大切です。

実は東進の林修先生も、教育には興味なかったそうです。

しかし、自分の適性が教育業界にあると感じ、挑戦した結果、大成功したそうです。

「就活で死にたい」と感じたら、視野を広げることも大切です。

「就活の教科書」編集部 坂本

 

試してほしいこと⑤:リフレッシュ日を設ける

「就活で死にたい」と考えたら試してほしいこと5つ目は、「リフレッシュ日を設ける」です。

「就活で死にたい」と考える就活生は、毎日就活のことを考え続け、息が詰まるような生活をし、自分自身の良さを見失っている可能性があるからです。

例えば、私の場合だと、就活を始めた途端に、友人と遊ばず就活に打ち込んだ結果、就活のストレスから本来の明るさがなくなってしまったなどです。

リフレッシュ日を作り、友人と励まし合うことで、活力が生まれたりするので、適度な息抜きは行いましょう。

私が就活のどん底にいるときに、面接官に言われて衝撃を受けた言葉を紹介します。

「あなたの輝きが無くなるなら、週に1度は必ず飲み会をしなさい」です。

就活で落ち込んで輝きを失うくらいなら、飲み会に行き常に自分の輝きを維持しろという意味です。

「就活でしにたい」と考えたらこの言葉を思い出してください。

「就活の教科書」編集部 坂本

「就活で死にたい」と考えたら、就職以外の道を検討するのもあり

就活生くん

確かに、私は就活で遊ぶ機会がなくなり、いつしか「就活で死にたい」と考えていたかもしれません。

これからは適度に息抜きしようと思います!

とは言いつつ、内定がないので、「就活で死にたい」なんてことも考えてしまいます。

「就活で死にたい」と考えるほど苦しいのであれば、就職以外の道を検討することもありですよ。

「就活の教科書」編集部 坂本

 

あなたの人生は就職が全てではありません。

もし、「就活で死にたい」と考えるほど苦しいのであれば、就職以外の道を検討してみても良いんじゃないでしょうか。

例えば、フリーターとして社会に出る、お金のかからない地方に移住する、独立・起業するなどです。

フリーターとして社会に出ることは、少し現実的でないと感じるかもしれません。

しかし、就職以外の選択肢を頭に入れておくと、心に余裕ができ「就活で死にたい」と考えることも無くなります。

当たり前ですが、死んでしまっては何もかも終わりです。

死ぬこと以外はかすり傷という言葉があるように、生きていれば人生はどうにでもなります

心に余裕を持ち、「就活で死にたい」と考えることが無くなるように頑張りましょう。

「就活の教科書」編集部 坂本

[matomeue]

まとめ:「就活で死にたい」と考えているのはあなただけじゃない

「【内定者が教える】就活が死にたいと感じるほど苦しい理由 | 試してほしいこと,就職以外の道も」の記事はいかがでしたか。

この記事では「就活で死にたいと考える理由」を紹介しました。

合わせて、「就職活動で死にたいと考えるときに試してほしいこと」「就職以外の道」も解説しました。

最後に、この記事のまとめをおさらいしましょう。

この記事のまとめ

◆「就活で死にたい」と考えている就活生は多くいる

 

◆「就活で死にたい」と考える理由5つ

 

  • 理由①:学歴フィルターによる書類落ち
  • 理由②:過密日程によるハードワーク
  • 理由③:お祈りメールがこない
  • 理由④:企業から正当な評価が受けられない
  • 理由⑤:友人と自分を比較してしまう

 

◆「就活で死にたい」と考えたら試してほしいこと5つ

 

  • 試してほしいこと①:就活エージェントに相談する
  • 試してほしいこと②:大手企業から中小企業にエントリーする
  • 試してほしいこと③:持ち駒を増やす
  • 試してほしいこと④:志望業界を変えてみる
  • 試してほしいこと⑤:リフレッシュ日を設ける

 

◆「就活で死にたい」と考えたら、就職以外の道を検討するのもあり

「就活で死にたい」と考える人は、日本独特の就職活動に問題があることが多かったですね。

「就活で死にたい」と考えたら、就活エージェントに相談したり、リフレッシュ日を設けることも大切でしたね。

この記事が良いなと思った人は、ぜひ友人や後輩にもシェアしてあげてくださいね!

「就活の教科書」には、就活に役立つ記事が他にもたくさんありますよ。

他の記事も読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 坂本

 

 

コメントを残す